わが子を守れ!今すぐ準備!災害対策

乳幼児がいる家庭では災害時に備えて何をストックしておくべき?

貴方の家庭は大丈夫?災害対策

災害に備えて備蓄品を用意する際、その内容は家族構成によって必要なものは変わってきます。 乳幼児は当たり前ですが大人に比べてとても繊細で弱い生き物です。 そのため、必要なものも多いです。 大切な家族を守るために、きちんと乳幼児用の備品を準備しておきましょう。

自宅で備蓄しておきたいもの

次に災害に備えて備蓄品に関しての記事になります。 一般家庭でストックしておくべきものと、それとは別に乳幼児がいる家庭でストックすべきものを紹介します。 なので、乳幼児がいる家庭では一般家庭のストック品+乳幼児用のものをストックする必要があるのです。

子供を守れ!必要なもの

日本だけでなく、世界に大きな衝撃を与えた東日本大震災から丸7年が経過しました。
7年が経った今、あの時の恐怖や衝撃を忘れかけてしまっているのではないでしょうか?
日本は3つのプレートの上にある国なので、どうしても地震が多くなってしまいます。
今ですと、フォッサマグナを震源とした地震などが心配されています。
他にも日本は火山大国です。
火山があることで豊富な温泉が湧いてきたり、地熱発電が可能になったり有益なこともたくさんあります。
しかし、噴火した際の被害も大きいことが事実です。
火山と地震は予測しづらく、防ぐことができません。
そのため、心構えとしてはいつでも自然災害は起こる可能性があるということを心にとめておきましょう。
そして、その自然災害が起こった時にきちんと自分や自分の家族を守るための準備をしておくことが大切です。

では、災害に対する備えは一体何をしておけばいいのでしょうか?
乳幼児がいる家庭では、どんなことに気を付けておくべきでしょうか?
妊婦さんはおなかの中の子を守るにはどうしたらいいのでしょうか?
まず、自分が他の人より災害が起きた際のダメージが大きいことを理解し、他人のことはなりふり構わず避難しましょう。
ここで他人に遠慮する必要はないのです。
また、他の家族とは別れてしまう可能性が高いため、家族間で集合場所を決めておきましょう。
災害に対する予防は面倒で、かったるいと思うかもしれませんが、ここできちんと決めておくか、おかないかであなたの未来を左右します。

災害対策のポイント

ストック品の点検を怠ったため、いつの間にか賞味期限がすべて切れてる! ということがどの家庭でも、普遍的に起こっています。 そのような事態を防ぐためのポイントを確認しましょう! また、ストック品だけでなく、大切な子供を守るために日常的に持っていたいものも紹介しているのであわせてどうぞ!

TOPへ戻る